卵

育毛と言ったら、育毛剤などに注目してしまうことでしょう。しかし育毛のためには、育毛に役立つ栄養素を体内に取り入れる必要があります。
そして育毛に役立つ食材として、有名なのが卵です。ではこの卵の育毛に役立つ栄養素について説明します。

 

育毛に役立つ食材として、1位に輝く卵

卵は育毛に役立つ食材の中でも1位だと言われています。卵には育毛に役立つ成分がたくさん含まれています。

卵には髪の生成に必要なセレン(セレニウム)、鉄、亜鉛、硫黄といった4つのミネラルが含まれている。

セレンはビタミンEの60倍以上の抗酸化作用があり、頭皮の老化を防ぐ。

鉄分は毛母細胞に酸素を供給するために関与し、亜鉛はタンパク質が髪に生成されるために欠かせないミネラル。

硫黄は含硫アミノ酸の構成成分で、健康な髪や爪の構成には欠かせない物質。

さらに、卵には髪の材料となるタンパク質や髪の成長を促し、健やかな頭皮を保つために働くビオチンもたくさん含まれています。

引用元:育毛Good Life

卵には育毛に役立つ成分が、これだけ含まれているのです。だからこそ卵は育毛に役立つ成分が含まれているため、長年育毛に役立つ食材の中でも1位に輝いています


 

詳しく知りたい、4つの成分について

1.セレニウム

セレンとは、亜鉛などと同じ必須ミネラルの一種で、セレニウムとも呼ばれています。

セレンの最大の特徴は、抗酸化作用が高く、ビタミンEの60倍以上といわれていますから、当然育毛・健康には必須の栄養素です。

引用元:ふさふさライフスタイル

抗酸化作用とは、老化の原因とも言われている体内の酸化を抑制する働きがあり、老化を防ぐ効果が期待されています。この抗酸化作用が、ビタミンEの60倍以上もあるということは驚きです。

2.鉄

鉄分は血液の中で酸素を運ぶために働いている赤血球の色素、ヘモグロビンをつくるために使われるミネラル分です。

つまり、鉄分が不足すると血液は酸素を運ぶことができなくなります。もちろん頭皮の血行が悪くなるため、毛根の働きが弱くなってしまうのです。

特につむじのあたりは頭皮自体が薄く血管も少ないため、血行が悪くなると髪の毛を作り出す力が弱まってしまい、抜け毛、薄毛の原因となるのです。

引用元:ジェネリック医薬品の育毛剤情報

髪の毛を成長させるためには頭皮の血行が良くないといけないということです。ヘモグロビンが不足することで、頭皮に充分に栄養素を送ることができなくなり、薄毛や抜け毛の原因となります。

3.亜鉛

髪の毛は「ケラチン」というタンパク質でできています。
カラダのあらゆる細胞は食べ物から摂ったタンパク質でできています。

髪の毛も、この「タンパク質」を材料にして生えます。

亜鉛は、タンパク質を合成して、髪の毛を作るときには絶対欠かせない成分なんですねー。

引用元:最強の育毛方法でAGAを改善するブログ

亜鉛は髪の毛を作るときには欠かせない成分といえます。また亜鉛は尿や汗などから排出されやすく、不足しがちなため、意識的に摂取する必要があります

4.硫黄

「硫黄」はタンパク質を構成するアミノ酸の中でも一番重要な「含硫アミノ酸」と密接に関係しています。含硫アミノ酸が不足していると、いくら他のタンパク質があっても髪の毛は育たない

引用元:育毛専科ふさふさ塾

硫黄はタンパク質を構成するためには欠かせない成分であり、硫黄が不足していると髪の毛が成長しないと言っても過言ではありません。
育毛のためには硫黄を体内に取り入れることが大切だといえます。
 

おわりに

セレニウム・鉄・亜鉛・硫黄といった育毛に役立つ成分が含まれている卵は、長年育毛に役立つ食材の中で1位に輝いています。
また効果的な食べ方として、生で食べるのではなく、一度火に通してから食べるといいと言われています。