鮭

鮭が嫌いという人は少ないことでしょう。今日の朝ごはんで鮭を食べた、夜ご飯で鮭を使用した料理を食べたという方も少なくないはずです。
日本人に親しまれ、よく食べられているのが鮭と言えるでしょう。そんな身近な鮭に、育毛効果が期待されているのです。

 

育毛に役立つ?天然色素、アスタキサンチン

じつは鮭に含まれる成分『アスタキサンチン』が髪にとてもいい成分なんですね…。

アスタキサンチンは胃腸の近くの神経を刺激する作用を持っていますので、その知覚神経を刺激することで『IGF-1』という物質が増えるんです
この増えたIGF-1は毛母細胞を刺激して分裂を促して髪の毛の抜け生えであるヘアサイクルを正しい周期に戻していきます…。

また、研究では一定期間、マウスのえさにアスタキサンチンを混ぜて投与したところ、育毛促進効果がみられた。

引用元:これ知らないとハゲちゃいます!

鮭に含まれているアスタキサンチンが、育毛効果があると期待されており、髪の毛にとってとても良い成分だと言われています。
またこのアスタキサンチンに含まれる栄養素は、ビタミンEの約550~1,000倍、ベータカロテンの約40倍、コエンザイムQ10の約800倍もあると言われています。
 

これらの栄養素も忘れるな!育毛に役立つ成分

アスタキサンチンだけでなく、鮭にはタンパク質・ビタミンD・ビタミンE・ミネラルといった育毛に役立つ成分が含まれています。
特に注目して欲しいのは、脂肪酸。

それはEPAやDHAといったオメガ3脂肪酸のことで、現代人が不足しがちと言われる不飽和脂肪酸の一種です…。

それらの脂肪酸が血流の流れを良くしたり、血管の健康そのものを向上させる働きがあると言われています…。

血管の9割以上は毛細血管で占められており、髪の毛も毛細血管の先にある器官ということで血液の流れを良くすることは育毛の基本中の基本です。

引用元:健やかな髪を取り戻すためにはまず正しい知識を学び自分に合う対策を習慣化させ前向きな心を持ち続けること!

EPAやDHAなどのオメガ3脂肪酸は、血行を促進する効果があります。血行が良くなることで髪の成長に必要な成分がしっかりと行き届き、髪の毛の成長を促します
 

鮭ならどこ産でもいい!?産地も気にしてみて

養殖が盛んに行われている鮭は、その産地によってダイオキシンなどの有害物質がたくさん含まれていたり、濃い色をだすために餌に色素を混ぜたりといった健康を害するモノも含まれていることが多い。

つまり、鮭の産地に注意を払わないと逆効果!

ある論文によれば、養殖物のノルウェー、スコットランド、カナダ東海岸産は年3回まで、チリ産は年6回までに控えたほうがいいと発表されています。

引用元:育毛Good Life

鮭といっても産地によっては、健康のために食べないほうがいいものがあるようです。いくら育毛に効果的な鮭といっても、産地にこだわるようにしましょう
 

おわりに

アスタキサンチン・オメガ3脂肪酸・タンパク質・ビタミンD・ビタミンE・ミネラルなど、鮭には育毛に効果的な成分が、豊富に含まれていることがおわかり頂けたと思います。
しかし産地によっては、有害物質を含んでいたり、色素が含まれた餌を食べさせていたりすることもありますので、鮭の産地にはこだわるようにしましょう。