牡蠣

牡蠣

牡蠣には髪の成長には欠かせない亜鉛が、豊富に含まれています。しかし中には、牡蠣は嫌いではないけど、当たるのが怖くて食べられないという人もいるのではないでしょうか。
ここでは牡蠣について詳しく説明します。

 

牡蠣に含まれる亜鉛とタウリンが育毛に役立つ!

牡蠣には、亜鉛、タウリンなどが豊富に含まれています。
この亜鉛とタウリンは髪の毛の成長にとっても大切な成分なんです。

亜鉛は、髪の原料のもととなるアミノ酸の合成に欠かせない栄養素で
抜け毛の原因となる男性ホルモンを抑えると言われていて、
その他にも、白髪予防や、下半身の硬度低下や持続力低下を予防します。

そして、タウリンは髪を増やし、成長させる
IDF-1(インスリン様成長因子)を増加させる働きがあるんです。

引用元:薄毛対策 美髪育毛の秘訣

牡蠣に含まれている亜鉛とタウリンが、髪の毛の成長に大きく関わりがあり、それらを体外から摂取することで、髪の毛の成長を促します
特に牡蠣にはこの2つ成分が豊富に含まれているからこそ、育毛におすすめの食材だと言えます。


 

生じゃない方がいい!加熱したほうが・・・

昔生牡蠣であたって怖くて食べられない、生牡蠣は食べたくないという方もいることでしょう。

牡蠣の食べ方は生ガキをはじめ、カキフライやカキ飯などたくさんありますけど、亜鉛は加熱しても失われないというメリットがあるので、バリエーションも豊富。

調理する亜鉛の比較として、生牡蠣=10、加熱した牡蠣=11。
と、生で食べるよりも加熱したほうが亜鉛の量が増加することも分かってます。
なのでフライでも焼いても、好きな食べ方していいんです。これは大きなメリット。

引用元:育毛うぇぶ

つまり、牡蠣は生で食べるよりも加熱して食べたほうが、亜鉛をより体に摂り入れることができます
生牡蠣を食べたくないと思っている方でも、気軽に食べられることでしょう。
 

どれくらい食べればいい?1日の牡蠣の摂取量

他の魚介類や海藻類、また肉類や豆類など亜鉛を含む食材はたくさんありまして
1日の必要量は約15mg。牡蠣に換算すると約7個位食べる必要があります。

引用元:育毛うぇぶ

牡蠣で1日に必要な量の亜鉛を摂取するためには、最低でも1日7個食べる必要があります。牡蠣が大好きな人でない限り、1日7個の牡蠣を食べることは難しいことだといえるでしょう。
亜鉛は牡蠣だけでなく、他の食材と一緒に摂り入れるようにしましょう

おわりに

牡蠣には、髪の成長に役立つ亜鉛やタウリンといった成分が豊富に含まれています。特に亜鉛の含有量が多いため、亜鉛を摂取するためにはもってこいの食材と言えます。
しかし1日に必要な量の亜鉛を摂取するためには、1日7個食べる必要があるため、他の食材と一緒に亜鉛を摂り入れるようにしましょう。