ワカメ

ワカメ

昔からなにかとワカメは、黒くて美しい髪になる、サラサラになるなど髪の毛にいいと言われていますよね。
わたしもサラサラとした美しい髪の毛になるために、ワカメの味噌汁やワカメご飯などを意識して食べていました。ではワカメが髪の毛にもたらす効果はどのようなことがあるのでしょうか。

 

残念!!ワカメに育毛効果はない!

昔から髪の毛にいいと言われてきたワカメですが、育毛とは直接の関係はありません。

なんでも医学的に調べてみたところワカメには発毛や育毛効果はなく
見た目で髪の毛にいいと言われていたのではないか言われています。

髪の毛はほとんどがケラチン(タンパク質)で、
その元となっているアミノ酸やタンパク質をあまり含んでいないからですね。

引用元:髪のケア生活

ここで疑問に思うのが、育毛効果がないに関わらず、ワカメは昔から髪の毛に良いと言われてきた理由です。

海藻類にはヨードという成分が入っているのですが、このヨードは血行を促進する作用があります。こういった面では髪の育成に良いとされています。

引用元:育毛剤口コミランキング

ワカメが髪の毛に良い食材と言われてきた理由は、ヨードが含まれているからです。ではこのヨードには、どんな効果があるのか詳しく説明したいと思います。
 

ヨード(ヨウ素)にはどんな効果がある?

ヨウ素は甲状腺ホルモンの生成に不可欠な成分で、細胞の発達や成長、また基礎代謝をアップする働きをします。

また、育毛に重要な要素としてタンパク質の合成を高めるため、毛髪の発育を助けるホルモンにもなっています。

引用元:いざ!安心家族

つまりワカメに含まれるヨードは、育毛に直接の効果はありませんが、裏では大きく関係しているということです。
細胞の成長を促し、血行を良くして髪の毛を成長させるホルモンにもなり、育毛をサポートしています。
 

気になるヨードの含有量。どれくらい摂取すればいい?

ワカメ(水戻し) 1,900μg

※ワカメ100g中の含有量です
引用元:ITO HOSPITAL

μgと聞くと少ないきがするかもしれませんが、100g中に1,900μgは、他の食材に比べヨードが多く含まれています。
例えば、ところてん100g中には240μgしか含まれていません。ワカメには、ところてんの約7倍のヨードが含まれています

要素の摂取量の上限は年齢により異なりますが
最大で2200μg(マイクログラム)とされています…。

そして推奨量は12歳以上から老年まで
ほとんど同じの130μgです…。
(わかめなら2gほど)

引用元:健やかな髪を取り戻すためにはまず正しい知識を学び自分に合う対策を習慣化させ前向きな心をもち続けること!

1日約2gのワカメを摂取すれば充分だということです。1日2g程度のワカメであれば、苦なく食べられる量だと言えるでしょう。

乾燥ワカメ2g

ワカメ2g
引用元:グラムのわかる写真館
 

おわりに

昔から髪にいいと言われているワカメですが、育毛には直接的な効果はありません。しかしワカメを摂取することで、血行が良くなったり細胞の成長を促したり、成長させるホルモンと変化することで育毛のサポートを行っています。
1日2gのワカメを摂取するだけでいいため、苦なく食べることができるでしょう。