レバー

レバー

レバーには、育毛に役立つ成分の全てが含まれていると言っても過言ではありません!実際に髪に良い食材として、レバーは有名です。
ただレバーは栄養豊富、髪に良い食材として有名と聞いただけでは信憑性がありませんよね。ここでは、レバーに含まれる栄養素について、育毛の効果について説明します。

 

驚くべきレバーの栄養価!育毛効果の期待大!

レバーには、様々な栄養素が含まれていますが、特に育毛の分野で欠かせない、亜鉛と必須アミノ酸、そしてビタミンが豊富に含まれていることが特徴です。亜鉛はタンパク質が髪の毛などの体の組織となるために必要な物質です。またある種の脱毛は男性ホルモンに原因があると理解されていますが、この男性ホルモンの過剰生成を抑制する作用があります。

引用元:育毛うぇぶ

レバーには育毛に役立つ成分が豊富に含まれているのです。他の食材だと、タンパク質やビタミンは多く含まれているが亜鉛の量が少なかったり、逆に亜鉛は豊富に含まれているのにビタミンの量が少なかったりしませんか?
それら育毛に役立つ成分を、バランスよく含んでいるのがレバーです。


 

育毛に効果的な成分がこんなにも!

タンパク質 44.88g
ビタミンA 28,600μg
ビタミンD 2.86μg
ビタミンE 0.88mg
ビタミンB1 0.75mg
ビタミンB2 7.92mg
ビタミンC 44mg
鉄分 28.6mg
亜鉛 15.18mg

※豚レバー220g(1パック)の含有量です。
引用元:カロリーSlism

レバーには髪の毛の成長に役立つ成分が、これだけ含まれています。
一度にこれだけの栄養素を摂取できるのは、非常に珍しく、豚・鳥・牛の中でも豚レバーが最もこれらの成分が豊富に含まれています
 

生で食べなきゃ効果はでない?加熱して食べたい!!

最近、飲食店でも生レバーは食べられなくなりました。生レバーが食べられなくなった理由として、腸管出血性大腸菌が検出されたことが挙げられます。
そのため、生レバーの摂取を極力避けたいという方も多いことでしょう。

レバーは加熱しても栄養価はなくならないので、炒めても問題ありません。
臭みが気になる方は、牛乳につけて血抜きをし、炒めると臭みは減ります。

ただ育毛成分は煮物にすると溶け出す可能性があるので、煮汁も一緒に食べてください。

引用元:育毛うぇぶ

レバーは生で食べても加熱して食べても、栄養価はなくならないと言われています。そのため、生レバーを食べたくないという方も、気軽に食べることができるでしょう。
しかし炒めた時や煮物にした時などに出る、肉汁などもしっかり摂り入れるようにしましょう
 

おわりに

レバーには髪の毛の成長に役立つ成分が、豊富に含まれているということが分かって頂けたと思います。
またこれらの成分を摂り入れるために、必ず生で食べなければいけないことはなく、炒めたり煮たりしても問題なくレバーに含まれる栄養素を摂取することができます。