黒ゴマ

黒ゴマ

黒ゴマはナイアシンや鉄分などの必須ミネラルが豊富です。ごまには白ゴマ・黒ゴマなどがありますが、色と香りは異なるものの基本的な栄養はほとんど変わりません。
ここでは、黒ゴマの育毛効果をご紹介します。

黒ゴマの育毛効果とは


古代エジプトにおいて、ゴマは体に良いものとされ、薬用などに用いられていたといわれています。黒ゴマの皮にはタンニン系ポリフェノール色素が豊富です。

ゴマ大さじ1(9g)あたりの成分量
エネルギー 52キロカロリー
モリブデン 8.28μg
0.15mg
カルシウム 108mg
マグネシウム 33.3mg
0.86mg
マンガン 0.2mg
亜鉛 0.5mg
リン 48.6mg
セレン 0.9μg
クロム 0.36μg
カリウム 36mg

引用元:カロリーSlism

カルシウム・マグネシウムなどのミネラルもたっぷりで、たんぱく質・食物繊維・ナイアシン・ビタミン・葉酸なども豊富です。ゴマには、抗酸化作用のある「リグナン」が含まれています。抗酸化作用の働きによって、活性酸素が生成されるのを抑制してくれます。

髪を生成する

黒ゴマにはタンパク質、ビタミン(とくに黒ゴマにはビタミンBとEが多く含まれす)、ミネラル(とくに亜鉛)、脂質など、育毛効果や薄毛予防のために欠かせない栄養素がつまっています。
すごいところが、黒ゴマに含まれる栄養は、このタンパク質、ビタミン、ミネラル、脂質で実に90%以上を占めているという点。髪の毛を強くするための食べ物といってもいいくらいですね。

引用元:本当に生える育毛剤探し!髪の毛フサフサ大作戦

髪のもととなるたんぱく質、髪の生成を促すビタミンなども含まれているので、ツヤ・コシのある髪にしてくれます。

老化を防ぐ

ゴマにはゴマリグナンという抗酸化物質が含まれています。これがアンチエイジング(抗老化、抗加齢)に効果があるのです。

またゴマリグナンは美肌、ダイエットにも一役かっています。
あるあるで紹介されていましたが、日本のゴマの産地では古くからゴマを普段の食事で一緒にとっているせいか、90歳を超えても畑仕事に出るという若々しさをもっていました。

引用元:アンチエイジングにゴマ!ダイエットにゴマ!若返りにゴマ!
抗酸化物質のビタミンC・アントシアニンなどは血液内の活性酸素を除去しますが、水溶性なので脂溶性である細胞膜を通過できないため、肝臓までたどり着くことができません。
ゴマリグナンは血液内ではじっとしていますが、肝臓にたどり着くと抗酸化作用として働きかけてくれます。

コレステロール

ごまの小さな種子の中には、血中コレステロールを減らすリノール酸などの不飽和脂肪酸や抗酸化作用のあるゴマリグナン、肝臓の働きを助けて二日酔いの予防になるセサミン、などの有効成分が、ぎゅぎゅっと凝縮されています。

最近の研究で明らかになっのが、ごまの希少成分であるセサミンに悪玉コレステロールを減らす効果があるということです。

引用元:体にいい食べ物、悪い食べ物(わたし的まとめ)

ゴマに含まれるビタミンは、血液と血管壁に蓄積されたコレステロールをしっかり取り除く働きがあります。

ダイエット

不飽和脂肪酸が、悪玉コレステロールを血液中から減らしてくれる上に、ゴマに豊富な抗酸化物質が、その酸化まで抑えてくれるのです。その結果、動脈硬化を予防して、血管をいつまでも若々しく保ってくれます。
まさにゴマは、アンチエイジングと健康長寿のための食材といえるでしょう。もちろんダイエットにも有効です。

引用元:ダイエットで痩せる方法とコツ

ゴマリグナンには、肝臓で脂肪の分解を促し脂肪を燃やしやすくしてくれる作用があります。

また、ペルオキシソームという脂肪分解する物質があり、ゴマに含まれるセサミンがこの成分を活発化させ、脂質の代謝を高めてくれます。

高血圧

ゴマは昔から延命長寿の効果があると言われています。ゴマは脂質が多く、他の野菜や穀物と比べても断トツです。しかしその脂質はリノール酸、オレイン酸などコレステロールを除去する効果がある物なのです。このコレステロールを除去する脂質が高血圧の対策になるのです。

引用元:健康生活

ゴマリグナンに含まれるセサミンが、悪玉コレステロール値下げて高血圧など生活習慣病を予防してくれます。

黒ゴマの摂取量

ごまのメーカーさんのサイトを見ると、どこもだいたい大さじ2杯くらいが適量だと説明されていました。
ごま大さじ2杯で、1日に必要な栄養素をまんべんなく補うことができるようです。

引用元:体にいい食べ物、悪い食べ物(わたし的まとめ)

ゴマは消化されにくいので、すりゴマにして食べるのがおすすめです。

摂り過ぎに注意!

ゴマは大量に摂るほど高い効果を発揮するわけではありません。
仮に摂り過ぎてしまった場合には、健康や美容のパワーがもたらされるどころか、体調に悪影響を及ぼす可能性があるのです。
具体的には摂り過ぎて腹痛を起こしたり、下痢の症状を招いたりすることがあります。

引用元:ケンコーストック

ゴマの成分の半分は脂質です。毛髪に良いからといって摂取し過ぎると、皮脂の過剰分泌の原因になります。

おわりに

古くから生薬に用いられたゴマは、ビタミン・ミネラル・たんぱく質・食物繊維などが豊富で、髪に嬉しい効果を与えるのがわかったのではないでしょうか。
過剰摂取に注意して、料理に使ってみてください。