カシューナッツ

カシューナッツ

独特の触感と甘みを持つカシューナッツには美容だけでなく育毛効果も見込めます。
ここでは、カシューナッツがもたらす頭髪に嬉しい働きをご紹介します。

カシューナッツの育毛効果とは

ナッツ類は老化を防いでくれるビタミンやミネラルなどがたっぷり含まれており、小腹が空いた時に適しています。

カシューナッツ100gあたりの成分量
エネルギー 576キロカロリー
たんぱく質 19.8g
脂質 47.6g
亜鉛 5.4mg
ビタミンB1 0.54mg
マグネシウム 240mg

引用元:カロリーSlism

中華料理の炒め物で使われるカシューナッツには、亜鉛・ビタミンB1などを含んでいます。亜鉛は、髪の主成分「ケラチン」を生成するために必要な成分で、育毛のサポートをしてくれます。さらに、亜鉛にはカルシウムの吸収率を高める働きがあるので、牛乳とカシューナッツを一緒に食べることで相乗効果が見込めます。

血液をサラサラにする

多くのナッツの共通点は、不飽和脂肪酸という油分が多く、血液がドロドロしないこと。悪玉のLDLコレステロールや中性脂肪を抑えて、生活習慣病のリスクを下げてくれます。

引用元:ウーマンコムのスタッフブログ

カシューナッツにはオレイン酸といった良質な脂肪酸がたっぷり含まれています。オレイン酸は血液をさらさらにし、血行を促してくれます。

動脈硬化予防

カシューナッツの場合はオレイン酸が多いという特徴があります。

オレイン酸とは不飽和脂肪酸の一種で、コレステロールのバランスを良くする作用があることから血管の健康を維持し動脈硬化の予防などに役立つとされます。

引用元:あらゆる脱毛症を治す為の大切な知識

オレイン酸は不飽和脂肪酸の中でも、悪玉コレステロールを作りにくい性質があります。そのため、生活習慣病予防に適しています。

毛母細胞活性化

カシューナッツ、アーモンド、ピーカンナッツは亜鉛を多く含み、脱毛を防ぐと言われています。

引用元:えん食べ

亜鉛は、細胞分裂に必要な栄養素の一つで、毛母細胞を活発にさせることで毛髪の成長を促したり、抜け毛の原因となる5aリダクターゼを抑制したりと重要な働きを担っています。ピンとこないかもしれませんが、亜鉛は体内にある300種類以上の酵素を助ける役割があるので、亜鉛不足は発達障害・治癒の遅れ・うつ病などさまざまな症状の引き金となります。特に、亜鉛はお酒を多く飲む方や、ストレスを溜めやすい人が不足しやすいといわれています。

カシューナッツの食べ過ぎに注意!

ナッツ類は高カロリーです。一握りで約170㎉にもなり、茶碗1杯分のカロリーと同じくらいにもなります。食べ過ぎるとカロリーの取り過ぎにもなり、肥満を招く事になります。カシューナッツの脂質は太りにくいと言われていますが、やはり食べ過ぎは禁物です。

引用元:食べ過ぎ注意報発令中

一日に摂取するカシューナッツは22個が適量とされています。いっぺんに食べると胃もたれを起こすことがあるので気を付けてください。

また、塩味の付いたものを多く食べると高血圧の原因となります。さらに、カシューナッツを加工する時に付いた油を摂取することで、ニキビができることもあります。カシューナッツを購入する時は、塩や油が使われていないものを選ぶのがおすすめです。

おわりに

カシューナッツには、血液をサラサラにして毛母細胞を活性化させる働きがあります。
食べ過ぎは体調を崩す原因となりますので、1日の摂取を参考にバランス良く食事に取り入れてみてください。