カカオ

カカオ

ココアやチョコレートに含まれているカカオには髪に良いたんぱく質やビタミン、ミネラルなどが含まれています。カカオは上手に摂取することで育毛をサポートしてくれます!

カカオの育毛効果とは?


カカオは「カカオノキ」、「ココアノキ」とも呼ばれ、ギリシャ語で「神の食べ物(Theobroma )」を意味しています。カカオ豆に含まれるカカオポリフェノールには、肌トラブルに繋がる活性酸素と除去する働きがあります。

ピュアココア(純ココア)1食あたりの成分量
エネルギー 16キロカロリー
0.23mg
マグネシウム 26.4mg
0.84mg
カリウム 168mg
リン 39.6mg
カルシウム 8.4mg

引用元:カロリーSlism

動脈硬化予防

動脈硬化とは、活性酸素[※1]により酸化した悪玉(LDL)コレステロールが血液中に流れ、血管壁に沈着し血管が硬くなってしまうことをいいます。カカオに含まれるカカオポリフェノールは抗酸化力を持ち、悪玉(LDL)コレステロールの酸化を防いで、動脈硬化などの生活習慣病の予防に効果を発揮します。

引用元:わかさの秘密

体内に発生する活性酸素によってコレステロールが酸化することで、動脈硬化を引き起こします。カカオに含まれるポリフェノールの優れた抗酸化力で酸化するのを防いでくれます。さらに、ポリフェノールには胃潰瘍やアンチエイジング効果も見込めます。
また、カカオが多いダークチョコレートは板チョコ半分の大きさで緑茶の5倍に相当する抗酸化力があるとされています。

坑ストレス

チョコレートやココアに代表されるカカオを主成分とする食物は、一般的に太りやすい、虫歯になりやすい、肌荒れのおそれがあるといった健康によくないというイメージがあります。

しかし、カカオ自体は肥満や虫歯を必ずしも引き起こすものではありません。むしろ、殺菌作用など、健康によい性質を持っています。

引用元:カカオの効能

ストレスによって増加するホルモンの一つに「コルチゾール」があります。このホルモンは生命に維持に必要なものですが、増えすぎることに問題があります。コルチゾールが必要以上に増加すると、風邪を引きやすくなったり眠れなくなったりします。
カカオポリフェノールを摂取することでストレスは軽減し、ストレスによるホルモンの増加も抑えられるとされています。

血圧低下

「カカオ」に含まれる成分である「ポリフェノール」の成分の一つである「エピカテキン」という成分が、小腸で吸収されると血管を拡張させ、血圧の上昇を抑制する効果があることがわかりました。このことから、チョコレートには血圧を下げる効果が嘘ではなく本当にあることがわかりました!

引用元:30代後半の医療従事者の高血圧@治療体験記

ポリフェノールの血管を拡張させる働きによって、高血圧や血栓の予防をしてくれます。

チョコレートの食べ過ぎは不健康のもと


カカオを含んでいるチョコレートは育毛に適していますが、食べ過ぎに注意してください。

チョコレートを購入する時のポイントとして、カカオ成分がどれだけ含まれているのかチェックすることが重要です。パッケージに記載されているパーセンテージが高いものを選びましょう。パーセンテージに伴って、苦味も増しますがこの苦味こそカカオそのものになります。ちなみに、チョコレートはカカオ65%以上がおすすめです。

おわりに

カカオには血管を拡張し血行を促し、ストレスに効果的であることがわかりました。
チョコレートは多く食べ過ぎなければ、育毛に良い食品なので上手に食べましょう!