ウンシュウミカン

ウンシュウミカン

寒い季節はこたつに入ってみかんを食べるイメージがあります。何気なく食べているであろうウンシュウミカンには頭髪に嬉しい効果があるのです!

ウンシュウミカンの育毛効果とは?

みかんには「愛媛みかん」などさまざまな名称がありますが、実は、どのみかんも「ウンシュウミカン(温州みかん)」のことなのです。特に、糖度の高いみかんにブランド名を付けて出荷する傾向があります。

ウンシュウミカン100gあたりの成分量
エネルギー 46キロカロリー
水分 86.9g
たんぱく質 0.7g
脂質 0.1g
ビタミンA β-カロテン当量 1000μg
ビタミンB1 0.10mg
ビタミンC 32mg
食物繊維総量 1.0g

ウンシュウミカンはビタミンCがたっぷり含まれており、肌荒れや風邪予防に適しています。また、果肉の袋である「じょうのう膜」にはお通じを良くしてくれるペクチンが豊富に含まれています。さらに、食べる時に捨てられがちな白いすじにはポリフェノールの一種「ヘスペリジン」が含まれており、高血圧予防が期待できるとされています。

チンピエキスはミカン科植物ウンシュウミカンの果皮から抽出されたエキスで、成分としては精油(シネオ-ルなど)、糖類、フラボノイド配糖体(ヘスペリジン)などを含んでいます。

引用元:ヘアケア工房

漢方薬において、ウンシュウミカンの皮はチンピ(陳皮)と呼ばれています。
この地にウンシュウミカンなどの柑橘類が誕生したのは、2000~3000万年前といわれており、インドから中国そして日本に伝わりました。「蜜のように甘い柑子(こうじ)」という意味から「みかん(蜜柑)」と名付けられました。

ウンシュウミカンは当初「長島蜜柑」「唐蜜柑」等と呼ばれていたが、種子を生じない性質から武士の世にあっては縁起が悪いとされ、ほとんど栽培されることはなかった。しかし江戸時代後期よりその美味と種なしの利便性から栽培が行われるようになり、明治27年(1894年)頃から生産を増やして徐々にキシュウミカンに取って代わるようになった。「温州蜜柑」との呼称が一般的になったのもこの頃である。

引用元:Wikipedia

血行促進効果

ミカン科植物ミカンの果皮より抽出されたエキス。成分としては精油、多糖類ヘスペリジンなどを含んでいます。消炎効果、血行促進効果にすぐれており肌荒れやくすみの改善・予防に効果があります。とくにマッサージやパックに配合するとより効果が得られます。

引用元:化粧品の成分・効果・関連化粧品の紹介

頭髪に与える作用では、血管を広げる働きがあり、頭皮の血流がスムーズになり髪に栄養が届きやすくしてくれます。

がん予防

温州ミカンには、β-カロテンが果実100グラム中に120マイクログラムという柿なみに高含有しているうえに、このβ-クリプトキサンチンという強力な兄弟成分の登場により、温州ミカンはガン予防に有効な食品として再評価されました。

引用元:温州みかんの効能

β-クリプトキサンチンとは、みかんに含まれるオレンジ色の色素を指します。柑橘類の中でもウンシュウミカンに豊富に含まれており、1日1個食べることでがんを予防することができるといわれています。

ウンシュウミカンを食べる時の注意点は?

 「柑皮症って何?」という人も多いと思いますが、ミカンの食べすぎで黄色くなったという話を見たり聞いたりしたことはあるでしょう。それが柑皮症です。

引用元:藤井寺市医師会

このように、乾皮症はウンシュウミカンなどの柑橘類を多く食べることで皮膚が黄色くなる症状です。特に、肝機能が未発達なお子さんが発症することが多いとされています。

柑皮症を発症しても、カロテノイドを摂らなければ自然に治ります。

おわりに

ウンシュウミカンには、風邪予防だけでなく血行促進・抗炎症作用が期待できます。
ミカンなどの柑橘類を食べ過ぎることで皮膚が黄色くなる柑皮症は自然治癒しますが、食べ過ぎはよくありません。
健康はもちろん、頭髪のためにもバランス良く食事をすることが大切です。